スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭-2_ベンガル島-b

■手仕事の素晴らしさ-3 器
素焼きの器を作り、それに彩色をする職人チームが来ていて、私が行った時は、
器を作る職人さんは休憩中で、絵付けをする職人さんが黙々とカラフルな絵を
焼き上がった器に描いていました。

ややキッチュに絵付けされた器に違和感を感じたので、
「何これ?」みたいに聞いたところ、結婚式のお祝いか調度品として使われる
ような説明でしたが、「最近は結婚式を家で行わず、コミュニティーセンター
などの公共施設で行うことが多くなり、需要が少なくて困っているんだぁ」
なんてこぼしていました。

その後、器の方に話が映ると、絵師である彼は作陶コーナーに移動し、主が
留守なのを良いことに、実演してくれました。(今回隣でやっているのを
見て覚えたそうです)

地面に置いた車輪のようなロクロに棒をあてて廻し、勢いづいたところで
土をドンと中央に置いて、両手で上手に器を作ります。一度のロクロ廻しで
一気(約30秒)に仕上げてしまう、見事な手際の良さです。

ロクロ廻し

粘土をひねって

ハイ 出来上がり

今回の旅では、豊島・甲生の漁家に民泊し、タコ刺し・タコ飯などの
タコづくし(+黒鯛の刺身も♪)をいただき、帰りがけに玄関脇に置かれて
いた器に見入っていたら「蛸壺」だそうで、記念に1つ頂戴しました。

最終日に屋島にある「四国村」を訪ねたところ、徳島県の漁師の家が移築・
保存されており、その納屋に蛸壺がギッシリと詰まっていました。

蛸壺のある漁家

何故か今回の旅では、タコと器に縁があったようです。

***

以前(30年程前)インドを夜行列車で旅した際に、チャイ売りが素焼きの
器を(使い捨てで)使っていて、飲み終わった後は床に叩き付けて割るのが
作法でした。列車が2~3日の行程だと終着駅につく頃は足下に山が出来る程
だった事を思い出しました。
10円ぐらいのチャイの器代は1円にもならない程度だったかと想像しますが、
今では見られない光景かも知れません。
スポンサーサイト

瀬戸内国際芸術祭-1_ベンガル島

今年は何だか暑い日が続いています。

いよいよ「異常気象?」などと気になる人が多いのかも知れませんが、
へそまがりの私としては、まだまだ許容範囲内の出来事で、
・夏が暑いのはあたりまえ(寒ければ「異常気象」)
・暑ければ、無理をしないで、水分を良く採ってのんびり過ごす
などとつぶやきながら過ごしています。


独り言はさておき、そんな暑さの中、8月の8日~11日に瀬戸内国際芸術祭で
高松に登場した「ベンガル島」を訪れることをきっかけとして、瀬戸内を
小旅行してきました。

ベンガル島に関する説明は、北川フラム氏による以下の説明がお勧めです。
http://www.shikoku-np.co.jp/feature/art_festival/story/28/
瀬戸内国際芸術祭の公式サイトは以下です。
http://setouchi-artfest.jp/

ベンガル島に行き、たくさんの職人達の仕事を観たり、話をしてきたり、
感じたことなどを思い出すと・・・

■手仕事の素晴らしさ-1 ジャムダニ織
昔から織物が好きで、世界各地の伝統的な織物の現場と製品を見てきました。
その中でも、ベンガルのジャムダニ織りは私にとって特別な存在です。

その特長は、紋様は全て極細に紡がれた絹or綿の糸による平織りの布に
横糸として織り込まれています。従って、拡大してその紋様を見ると、
ビットマップ画像のようにギザギザします。 
一般的に織り込まれる紋様は、見せる面と隠す面があり、裏面は紋様の糸が
通しで見えるので、見るに堪えませんが、ジャムダニの場合は紋様の糸を
次の列に送るか切り取ってしまうので、リバーシブルな紋様となります。
ジャムダニ織りの生地は透けて見えるほどの密度なので、裏糸が見えて
しまうと見苦しいのです。

平織りの布は、紋様があるところと無いところでも横糸のピッチが同一です。
その謎は、紋様が無い所では、一旦織った糸を後で抜いていると聞いたことが
あります。それで、透けて見えるほど風通しの良い布が出来上がります。
(モスリンも同様の手法を使っているそうです)

所で、織物の要素は、「紡ぎ」「染め」「織り」ですが、極細の糸を紡いだり
織ったりする際に、実は「高温・多湿」が好条件だそうです。
理由は・・・ちょっと考えてみてください。(ヒント:冬の静電気)

その日も、高温・多湿の好条件の中で、2人の職人さん達が黙々とジャムダニを
織っていました。 
私は、手持ちのジャムダニ・パンジャビを着て行ったので、職人さんの前に
黙って立つと彼は一瞬手を止め、上から下までその模様を眺め、手を伸ばして
触り「・・・何だ?」という顔! フフフ♪ それからベンガル語で一発冗談を
かますと、今度は「誰だコイツは?」となり、本格的に作業の手を止めて
お話ししました。

「日本の夏はどうだい? 涼しいだろう!」*「いやぁ~ トンデモナイ」
「ところで、今朝は何を食べたの」*「何故ベンガル語を話すんだ?」
「生まれたときからサ」・・・みたいな冗談話です。

ジャムダニ職人

翌日も訪ねて、「どうだい、仕事は進んでいるかい?」と尋ねると、
「あー、このくらい進んだ」と示したのは10数cm程度。サリー1枚織るのに、
2人がかりで1週間以上かかるこの作業を、変なオジサンの相手をしながら
黙々と取り組むナラヤンゴンジ出身の職人さんにドンノバッ(感謝)。

前日、豊島で片山邸を見学した際に聞いた話。江戸時代の豪商片山氏が
全国の逸材(建材と職人達)を集めて豪邸を作った際に、職人にその日の
仕事を尋ね、思ったより進みすぎているので「そんな雑な仕事をするな!」と
叱ったとか。 手仕事の世界は、このような価値観(余裕)が育てるのですね。

片山邸_茶室

片山邸:http://www.teshima-izumiya.jp/

***

途中で「モスリン」に触れました。ダッカモスリンは、かつて世界最高級の
薄手の織物でしたが、ある理由で途絶え、その技術を元に生き延びたものが
ジャムダニ織りです。何故モスリンが途絶えたかは、「ダッカモスリン 職人
指」などで検索してください。植民地~産業革命時代の影の歴史を学ぶことが
できます。


■手仕事の素晴らしさ-2 ノクシカタ
ノクシカタはベンガル地方の刺繍です。
ノクシの意味は絵で、カタは布や紙などを指しますので、「絵がついた布」
なんて意味になります。
検索サイトにて「ノクシカタ」で素敵な画像はたくさん見つかります。

刺繍は世界中にあり、インド各地でもそれぞれ地域ごとに独特な紋様を
持っています。もちろんインド以外でも、世界中に様々な刺繍があります。
日本人は刺繍好きな国民性なようで、これまでもノクシカタを含む刺繍
に関する展覧会を、日本民芸館や松濤美術館で開かれており、それぞれ
観に行き、心の栄養をGetしたものです。

世界の刺繍の優劣は付けにくいですが、その豪華さとデザインの大胆さでは
日本の室町~江戸時代の能装束が個人的には最も完成度が高いと思います。

それとは対極にありながらレベルが高いのがノクシカタで、その特長は、
その素朴さと緻密さにあるのかと思います。作者の愛情がこもった刺繍です。
モチーフは主に人物・動物・植物など身近ないきものたちです。
紋様が無いところも、生地と同色の刺繍がチマチマ施されているところが
いじらしくて好きです。

ベンガル島には、(確か)ジャイプール(北部)とラッシャヒ(西部)出身の
素敵な女性が、せっせとノクシカタを刺していました。 彼女たちが作った
ノクシカタを納めているところがアーロングというバングラの手工芸品の老舗で、
私の着ていたジャムダニ・パンジャビもそこで30年ほど前に求めたので、
「貴女たちが生まれる前に作ったものかもねぇ~」などと相変わらずの冗談を
飛ばしながらしばらく談笑。 
でも、以前の習慣で女性の写真を撮ってはイケナイ常識が邪魔をして写真は
撮りませんでした。(今思えば、綺麗なお嬢さん達でしたので残念な事をした)

アーロング:http://www.aarong.com/(英文)

私はバングラに住んでいた頃、一時ノクシカタコレクターで、毎週ノクシカタが
入手できるお店を巡回して目を肥やしました。何十点も持っていましたが、
今はほとんど誰かに(ほめられると)プレゼントしてしまい、手元には数点のみに
なりました。差し上げたモノも、きっとどこかで誰かに元気を与え続けている
ことでしょう。そんな力のこもった刺繍です。

尚、ジャムダニ織りは男性の職人さんが「仕事」として黙々と正確に織り続け、
ノクシカタは女性が家事の合間などにチクチクするので、そんな違いも表現に
つながり、、、どちらも良いのです。

梅雨が好き

このところ日本全国(ほぼ)梅雨模様で、雨~曇り~晴れの
繰り返しとなり、「うっとうしい日が続きますねぇ~」なんて
あいさつが交わされたりします。

でも私は、梅雨がかなり好きです。一番好きな早春の次ぐらいに好きで、
梅雨にはいると、「ハッピー バースデイ つーゆー(梅ー雨ー)♪」
なんて唄っちゃったり、友達にメールを送ったりするぐらいです。

何が良いのかというと、、、

1.暑くも寒くもなく、半袖・半ズボン・サンダルで動ける
 気楽で良いですね。

2.春野菜・夏野菜や果物などが美味しい
 八百屋さんの品揃えが増え、安くて美味しいものが
 たくさん食べられます。
 夏バテしないように、体力を蓄えるのもこの時期です。

3.生き物たちが瑞々しくて活き活きとしている
 私たちは、水の惑星「地球」のメンバーなんだなぁ、などと
 理屈をこねることも出来ます。

などと、イイコトずくめ! と 感じるからです。

実は、数年前までは夏が一番好きでした!

暑さには強い方で、自分の体温を超えるくらいまで気温が
上がらなければ、「暑い」とは(滅多に)言いません。
インドのタール砂漠や、チュニジア・モロッコのサハラ砂漠を、
ウロウロしていた頃は、40度を超えると、「何だか暑いな」
なんて思ったくらいで、、、ほぼお風呂の温度と同じ感覚です。
(好奇心旺盛で、若い頃の環境適応力はスゴイのですねぇ~?)

今でも夏は3番目ぐらいに好きなのですが、数年前から津久井の
山間に頻繁に通うようになり、早春に植物たちが芽吹きはじめ、
山々が茶褐色→萌黄色に変化する姿を「美しい」と感じるように
なったり、冬眠していた動物たちが「ケロケロ」出てきたり、
鳥のさえずりが耳を楽しませてくれたり、、、で、
早春~春の良さに気がつくようになり、「ちょっと大人になったか?」
などと思ったりしました。

でも、梅雨はもっと好きです!

雨の景色もシットリとしていて、雨音が外の喧噪が消えたりして
落ち着いています。
雨に濡れるのも結構好きで、余程の雨でないと、傘を差しません。
濡れても風邪をひかないのが梅雨の良さでもあります。

実は、かつて水虫に悩まされていて、ほぼ完治したのですが、
この季節になると、ちょっぴり足の指間に違和感を感じたりします。
すると「ヨシヨシ、お前もまだ元気でいたんだなぁ」なんて感じ、
「ゴメンね、薬塗るけど許してね」などと心の中でつぶやくのも
この季節ならではの出来事です。

人間の体も、様々な菌類のおかげで生かされているみたいなので、
それらに自分勝手に善悪を付けるのも何だか不自然な気がするのです。
人間より遙か昔から生き続けている生き物ですから、、、。

雨のおかげで、全ての生き物が地球で生かされているのに、
雨を嫌っては雨の神様に申し訳ないという感覚が、何となく頭を
支配しているだけなのかも知れませんが、体全体が喜んでいる
様子なので、それに逆らわないというお話しでした。

***

そのうち、秋や冬も好きになり、要するに全ての季節が
好きになってしまうことを(何となく)予感しています。

もちろん、嫌いな季節は・・・ありません。

週末藤野に行って来ました part1

このところず~っと忙しくて、あまり休みを取ることが出来なかったのですが、
やっと一段落したので、5月19日~20日に、相模原市緑区の旧藤野町で
行われた、藤野ぐるっと陶器市2012に行ってきました。
http://komichi-blog.at.webry.info/201204/article_9.html

この陶器市は今年で13回と言うことなのですが、たぶん5回目ぐらいから
ほぼ毎年行っているので、次第に好みの作家や行くところが絞られて来つつ
あったのですが・・・今年は原点に戻って、幅広く見て廻りました。

以下は特に印象に残った方々のご紹介です。

■篠原の里にて 伊藤泰紀さん(妙心窯)

使いやすくて美しく・飽きの来ない陶器と言えば伊藤さん!
我が家には何年も使い込んでいる器が数々ありますが、近年体調を崩され、
昨年窯を閉められました。

職場で愛用しているコーヒーカップが不注意で取っ手を壊してしまい、
接着剤で留めて使っていて・・・それは-それで味があって良いものの、
それとよく似たカップを予備として一つ購入しました。

伊藤さんは、陶器だけではなく、天文や自然・食事などにも詳しく、私たちに
とって篠原ライフの水先案内人のような存在です。

今回は、近くに咲くニセアカシアの花が丁度盛りで、ヒミツの生育場所から
料理方法・食べ方まで教えてくださったので、花を摘んで帰り(2日目)、
自宅にて胡麻和えにして美味しくいただきました。
(ミツバチになった気分です ブン ブン)
 
■アカセ・クレイワーク・スタジオ(の近く)にて 熊谷孝治さん 土器

毎年驚きの「土器」を出してくる熊谷さんですが、今年もバリバリでした。
いかにして焼き物の原点や本質に迫るような潔さと、縄文人が目指したに
違いない(狂気に近い)おもしろさにドキッとします。

今年は、「日干し」の作品がありました・・・もはや「焼き物」以前です。

草むらの中においてあったこの作品の題は・・・「おじさん」だそうです。
2012.05.19~20s-01
妻が何点か不思議なモノ(↑上記ではない)を手に入れたみたい?

■アカセ・クレイワーク・スタジオにて
熊谷さんのところで車を降り、山道を徒歩20~30分ほど散歩してたどり
着くのがこのスタジオ。 
ここにしばらく居て、後から来る人を見ていると、みんな良い顔をしている!

何となく美大の先輩・後輩といった女性作家数人の展示ですが、
それぞれの個性がよく出ていて、それを見ているうちに自分の好みが
分かって来て、嬉しいような・(自分の嗜好に)あきれるような? 
不思議な気分になります。

いろいろと迷ったあげくに、型にあてて成型したプレートでつくった器に
様々な彩色を施したビールカップを購入しちゃいました。
作者は、かとうようこさんです。
http://yokokato39.blogspot.jp/

■○△galleryにて 野上薫さん 和でも洋でも合う器
http://nogamikaoru.com/
作風がほぼ完成されている感じの作家さんである野上さんは、今年は
Keramos7から独立し、お仲間3人によるスペースで行われました。

訪ねてみると、何と建設中の住宅の庭で、材木の上に作品を置いてあり・・・
よく見ると・・・継ぎ手が追掛大栓継ぎじゃぁないか!(器ではなくて材木が!)

こりゃぁ久しぶりに見たモンで、器そっちのけでその話・・・そうしたらその
作者が現れて、何と大工さんはご主人(カズオさん)で・・・その後は京都の
茶室まで話は飛んで、続きは「里ちょうちん」でと言うことになり、、、
薫さんのstringビールカップ(←またですか?)を購入して、早くも良い気分♪

■篠原の里にて 里ちょうちん うそまことさん
http://hatena.cocolog-nifty.com/hatena/2012/05/-b-45a9.html

いつもの定宿「篠原の里」に戻り、荷物を置いて、ひとまず近くで妻が
借りている畑で野菜のお手入れ(のお手伝い)。 
(若干の草むしりとインゲンの柵作りetc.)

シッカリとお腹を空かして、盛り上がりまくりの里ちょうちんに進入し、
まずは腹ごしらえ。
子供会と消防団の集会+陶器市の関係者のドンチャン騒ぎ♪♪

2人でいただいたものは、さんまのカバ焼き・わらび&春キャベツのおひたし
・ポテコロサラダ・豚すき卵とじ煮丼(妻)・ご飯(私)・・・
& 生ビールと枝豆 & お酒+++  ~~あー、美味しかった~~

その後は、カズオさんと茶室の話から始まり・・・篠原の濃ぉ~い人たちと、
時の過ぎるのも忘れて話しまくり・飲みまくり、気がつけば日が変わってしまい、
小学校の教室を改造したステキなお部屋で。 おやすみなさぁ~い

▲▲▲以上が19日(長くなったので)20日はつづく▼▼▼

週末藤野に行って来ました part2

▲▲▲前回が19日、今回は20日分▼▼▼

5月19日~20日に、相模原市緑区の旧藤野町で行われた、
藤野ぐるっと陶器市2012に行ってきました。【part-2】
http://komichi-blog.at.webry.info/201204/article_9.html

■Sage・cafe(セージカフェ)にて
http://fujino-web.net/sagecafe/

朝食はこちらで、おまかせプレートと水出しコーヒーをいただきました。
自然な食材と調理方法でつくられた品々が美しくあしらわれ、見て良し・
食べて良し!の(2日酔いのお腹には)完璧なブランチでした。

お店に入ってしばらくすると、聞き慣れた声が・・・あれぇ~、
麗しのT先生ではありませんか!

実は、以前PTA会長をしたいた小学校の教頭先生で、現在近くの
小学校の校長先生になられ、妹さんと2人で陶器市に来られたそうです。
意外なところで知人に会うと言うのはおつなモノですね。
(そう言えば、一昨年も陣馬山の麓で会ったっけ♪)

楽しく歓談して、2日目の陶器市へGo!

■静風舎にて 副島泰嗣・微美子さん 白磁
http://www.seifu-sha.net/index.html

藤野で最も正統で美しい陶器をつくられているご夫妻の作品。
必ずしも私の日常生活に即した作品ではありませんが、年に一度は
心の健康のために見ています。
よく見ると、伝統的な(と思われる)文様をシッカリとトレースしつつ、
新たな表現に常にチャレンジされている(と思われる)作風に
心が打たれます。

お茶椀や香炉などを見ていると、陶器は日常生活ばかりではなく、
日本の伝統文化にシッカリと根ざした工芸なのだと改めて思い返させます。

とにかく深みと透明性を感じる白い造形が純粋に美しく、背筋が伸びます。
(普段だらだらと生きていることが恥ずかしくなるぐらいです。)

■アートビレッジ&野山の食堂にて 
http://www.fujino-art.com/
ここは、近年充実してきたアヴァンギャルド(?)なスペースですが、
いくつかのコンテナが並び、陶器に限らず、自転車やガラス細工など
それぞれ限られたスペースに工夫を凝らした個性的なお店(と人)が
並んでいます。

その中でも、何故か妻と仲良しの
ナッティーウッド&スレッド 筒井美津子さん 
創作鏡と草木染めのストールのお店
http://www.mogra.co.jp/aone/t_gallery.html
にて漫談にお付き合い・・・こりゃぁ(妻と)気が合うわけだ♪

糸を紡ぎ、染め、織っている人で、profileを見ると、丁度私と同じ頃に、
様々な国々を旅していたようです。
そんな話をし始めたら、朝までかかりそうな雰囲気を(お互いに)察知しつつ、
次々とお客が来るので、再会を約束して土塗りのコンテナを後にしました。

■Keramos7+2にて 羽生直記さん 金属道具屋
http://craftmans-works.seesaa.net/category/8325897-1.html

ここは、篠原の中心地である「愛ちゃんキムチ」の隣のスペースに
比較的若手の作家さん達が楽しく集っています。

陶器市なので陶器(+磁器)が中心ですが、ここでやたらと気になったのが、
金属道具屋の羽生さんです。 
忙しそうだったので、話は出来ませんでしたが、タダモノではないことは
作品(道具)を見れば分かります。

とにかく目に付いたのは「くんせいたまご」で、川沿いの小径にポロンと
おいてあったのですが、圧倒的な存在感を放っていました。
2012.05.19~20s-02 2012.05.19~20s-04

味のある取っ手や、車輪、圧力計まで付いている「道具」で、何だか
宇宙船のように見えるし、産業革命の頃の機械のようにも見えます。
おそらく、美味しい燻製をつくる道具なのでしょう。

その他にも、自然石を使った燭台や、謎の道具達が気になりました。

あえて、作品と呼ばずに「道具」と呼ぶ潔さ!
使ってナンボの道具達に込める想いが伝わってきて、美術と工芸の境界を
分かりやすく教えてくれます。

◆◆ おわりに ◆◆

藤野には、以前から芸術家が多く住み、芸術の街として知られています。
陶器市は、その中で陶芸家達のオープンアトリエを中心とした催しですが、
直径10km程度の広域に10箇所程度のサイトがあり、とても1日では廻る
事は出来ません。(高低差2~300mで、山あり谷あり)

(急いで廻れば可能カモシレナイが、スタンプラリーではあるまいし、、、)

最初の頃は、好き嫌いで観ていたものの、次第に作家の顔が見えてきて、
何度か会ううちに顔見知りになり、沖縄に移住したSさんからは、
1週間~10日ほど炊き続ける穴窯の薪くべの手伝いや、
陶器市でカレー屋さんをを頼まれるようになったりした。
そんなことを続けて行くと、知り合いも増え楽しくてたまらない。

作家達にも個性があり、単純な機能で考えれば100円ショップでも入手可能な
「器」の制作に情熱を注いでいる作家達が、それぞれが切磋琢磨して個性を
際だたせている雰囲気が、楽しく・厳しく・刺激的です。

共通していることは、自立して・自律しながら輝いて、訪れる人たちに
語りかけてきます。

ベテランの奥深い表現も良いし、若いストレートな表現も瑞々しく、
その中間で模索する中堅作家達の悶えに触れるのも楽しく、その余韻を
残して藤野を後にしました。

プロフィール

イージー・ウォーカー

Author:イージー・ウォーカー
神奈川県の北部・相模原市で
建築の設計を生きる糧としつつ
その他諸々のことについても
興味の向くまま・気の向くまま
人に頼まれるまま、、、
首を突っ込み・・・楽しく生きている
50代 オジサン の与太話です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。