スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭-2_ベンガル島-b

■手仕事の素晴らしさ-3 器
素焼きの器を作り、それに彩色をする職人チームが来ていて、私が行った時は、
器を作る職人さんは休憩中で、絵付けをする職人さんが黙々とカラフルな絵を
焼き上がった器に描いていました。

ややキッチュに絵付けされた器に違和感を感じたので、
「何これ?」みたいに聞いたところ、結婚式のお祝いか調度品として使われる
ような説明でしたが、「最近は結婚式を家で行わず、コミュニティーセンター
などの公共施設で行うことが多くなり、需要が少なくて困っているんだぁ」
なんてこぼしていました。

その後、器の方に話が映ると、絵師である彼は作陶コーナーに移動し、主が
留守なのを良いことに、実演してくれました。(今回隣でやっているのを
見て覚えたそうです)

地面に置いた車輪のようなロクロに棒をあてて廻し、勢いづいたところで
土をドンと中央に置いて、両手で上手に器を作ります。一度のロクロ廻しで
一気(約30秒)に仕上げてしまう、見事な手際の良さです。

ロクロ廻し

粘土をひねって

ハイ 出来上がり

今回の旅では、豊島・甲生の漁家に民泊し、タコ刺し・タコ飯などの
タコづくし(+黒鯛の刺身も♪)をいただき、帰りがけに玄関脇に置かれて
いた器に見入っていたら「蛸壺」だそうで、記念に1つ頂戴しました。

最終日に屋島にある「四国村」を訪ねたところ、徳島県の漁師の家が移築・
保存されており、その納屋に蛸壺がギッシリと詰まっていました。

蛸壺のある漁家

何故か今回の旅では、タコと器に縁があったようです。

***

以前(30年程前)インドを夜行列車で旅した際に、チャイ売りが素焼きの
器を(使い捨てで)使っていて、飲み終わった後は床に叩き付けて割るのが
作法でした。列車が2~3日の行程だと終着駅につく頃は足下に山が出来る程
だった事を思い出しました。
10円ぐらいのチャイの器代は1円にもならない程度だったかと想像しますが、
今では見られない光景かも知れません。
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)
瀬戸内海の島々、
四国の小さな町の風景。
関東とはまた違う、どこか
ゆったりとした雰囲気が漂いますよね。

それにしても、チャイの話。
ビニールのコップからしたら、エコ!!
同感です。
  • #fkxczLn.
  • URL
  • 2013.08.26(Mon)
  • Edit

プロフィール

イージー・ウォーカー

Author:イージー・ウォーカー
神奈川県の北部・相模原市で
建築の設計を生きる糧としつつ
その他諸々のことについても
興味の向くまま・気の向くまま
人に頼まれるまま、、、
首を突っ込み・・・楽しく生きている
50代 オジサン の与太話です。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。